セフレに向かない対象とは?

セフレは相手が同意していれば誰でもいいと思っている人もいるかも知れないのですが、セフレに誰でも向くというわけではありません。知り合いの人か、全く知らない相手を探すのか、その時点でも実は対象に向いている、向いていないということがわかれるのです。
■身近な人はあまりやめたほうがいい
セックスフレンドがこれほど社会の中で浸透していなかった当時は、身近な相手をセフレに選ぶ傾向が強かったです。例えば元恋人の彼氏彼女同士で分かれてからもズルズルとセフレの関係を築いているというケースが圧倒的に多かったでしょう。または会社の中で同僚や部下、上司との関係もあるかもしれません。身近なところで探すことは、すぐに連絡を取れば会える距離のご近所さんにいるのでいいかもしれません。しかしご近所さんで生活圏内が一緒ということは、それだけ同じ範囲で生活をしているので、どこで誰に見られるかもしれないという危険がありますので注意が必要です。人に見られては困る関係であることは間違いないでしょう。
■相手も同じ気持ちであるかどうか
セックスフレンドはかなり限られた関係です。アダルトな割り切った関係といってもいいでしょう。その関係の中で自分はセックスをするだけの関係で良いと思っていても相手に恋愛感情があった場合にはこれはセフレの関係は成り立ちません。お互いに趣旨や目的が一致していないとなかなかセックスフレンドという特殊な関係は成り立たないのです。ある意味エッチに対しての価値観も同じほうが成立しやすいかもしれません。
■経験者がいいのかも
セフレ初心者よりは、経験者の方が話も早くていいかもしれません。むしろセフレが何人もいるという相手の方が手っ取り早くていいのかもしれませんが、不特定多数の人としている場合は性病に感染する可能性等もありますので、その危険があるということは理解しておいたほうがいいでしょう。性病に掛かってしまう恐れがあります。

関連記事